熱が高い時にタミフルとロキソニンの併用は大丈夫?

インフルエンザにかかると、たいていの場合、高熱が出ます。
通常の風邪よりもさらに高く、身体的にも辛いのが、インフルエンザの熱の特徴でしょう。
それに対して、インフルエンザの最も代表的特効薬と言えるタミフルは、インフルエンザウィルスの増殖を抑えることで諸症状を軽減してくれますが、熱を直接的に下げる働きはありません。
高熱に浮かされていると、つい、解熱剤を一緒に飲みたくなりますが、果たしてタミフルとロキソニンを併用しても、何ともないのでしょうか。
タミフルにはいくつか飲み合わせが禁止されている薬剤がありますが、ロキソニンはその中には入っていません。
つまり、基本的にタミフルと一緒に服用しても大丈夫ということになるのですが、ただし注意したい点があります。
それは、ロキソニンで熱を下げてしまうと、インフルエンザが治りにくいということです。
そもそもインフルエンザや風邪にかかると、なぜ熱が出るのでしょうか。
これは、身体が体内のウィルスをやっつけて身体を守ろうとする、一種の防御反応です。
ですから、ロキソニンで熱を下げてしまうと、ウィルスがいつまでも体内に居座ってしまうので、中々インフルエンザが治らない、ということになってしまうのです。
あまりに熱を下げ過ぎてしまうと、今度はインフルエンザ脳症などの危険も出てきます。
身体に危険が迫るほどの高熱が出た場合は話は別ですが、やはりロキソニンなどの解熱剤を自己判断で安易にタミフルと併用するのは、危険と言えます。
どうしても解熱剤が欲しい場合は、医師に相談して処方してもらいましょう。
インフルエンザも風邪も、撃退すべく闘っているのは、結局は自分の身体です。
薬はその手助けをしているにしか過ぎません。
しっかり手助けしてもらうよう、用法はきちんと守りましょう。

関連記事