冬の乾燥と養鶏場からのインフル拡散はタミフルで対抗

冬の乾燥した時期が近づいてくると誰もが気にかけ始めるのがインフルエンザの流行です。
日本では冬になると乾燥した空気が吹く地域が多く、それによってインフルエンザウイルスに感染しやすい環境が生み出されてしまいます。
そのため、冬の乾燥した時期になるとインフルエンザの大流行が毎年のように起こります。
インフルエンザウイルスに対する感染は人にだけ起こるものではなく、豚や鶏などの他の動物でも起こるものであるということも知られるようになってきました。
そして、動物から人にインフルエンザが感染するということも知られており、それが新型インフルエンザとなって人から人へと感染する能力を獲得することが懸念されています。
冬になってそういった危険性の高いインフルエンザが拡散してしまうことを防ぐには誰もが予防に努め、感染した場合には他人に感染を広げてしまうのを防ぎながら速やかに治療するということが大切です。
その目的を達成するための最良の薬とされているのがタミフルです。
インフルエンザ治療薬としてインフルエンザからの回復を早める効果をもつタミフルは今や多くの人によって知られる薬となりました。
インフルエンザに罹ったと思ったら医師に処方してもらって服用することにより回復が一日程度早くなることを期待できます。
一方、タミフルは予防薬としても有効性が高く、医療従事者や患者の家族には保険適用で処方されるようになっています。
また、そうでない場合にも個人輸入によって手に入れることが可能であり、感染リスクが高い場合には自分で手配をして予防するということができます。
そういった使い方をすることでより積極的にインフルエンザの拡散に対して対抗していくことが社会貢献にもなります。

関連記事