タミフルを使うなら飲むタイミングを把握するべき

薬を持っている男性

インフルエンザの治療薬は、最初に飲むタイミングが大切です。
内服薬のため幼児から高齢者まで使いやすく、よく処方されるのがインフルエンザの治療薬であるタミフルです。
タミフルは、インフルエンザに感染してから48時間以内に服用することで体内でインフルエンザウイルスが増殖するのを防ぎ、高熱が出る期間を短縮することができる薬です。
「じゃあ、インフルエンザに罹ったんじゃないかと思ったら、すぐに病院に行かなくては!」と思うかも知れませんが、それは少し待ってください。
インフルエンザの感染の検査をするのにも、タイミングが重要になるのです。
インフルエンザの検査は、発症から12時間~24時間以上経過してからではないと検査をしても陰性の反応が出る可能性があります。
そのため、あまりにも早く病院に検査に行っても、翌日以降に再検査を行わなければいけない可能性もあります。
そのため、発症から最低12時間以上経過し48時間以内に病院に行き検査を受け、インフルエンザ陽性だった場合にはタミフルなどのインフルエンザの治療薬を服用することになります。
また、48時間以内というのは、体内でインフルエンザウイルスが増殖しきる時間のおおよその目安です。
48時間以内にウイルスが増殖しきってしまう可能性もあったり、逆に48時間を超えてもウイルスの増殖が続くことがあります。
ウイルスが増殖しきれば後は回復を待つだけという状態になってしまうので、12時間を経過したらなるべく早く病院で検査を受け、治療薬を飲むことでウイルスの増殖が抑制できるのです。
タミフルはインフルエンザウイルスを殺菌するものではなく、増えるのを抑制するための薬のため、増えすぎる前に飲むのがポイントです。

関連記事