タミフルは本当に危険なのか?

薬と水のグラスを持っている人

インフルエンザといえば、タミフルで治療するのが主流となっていますが、数年前にタミフルの使用により異常行動を起こすことが問題になり、一時期使用を控えていた時期があります。
しかし、その控えていた時期でも異常行動を起こす人はいたため、タミフルの服用が原因で異常行動を起こすわけではなく、現在では、インフルエンザに感染したことによる異常行動と考えられています。
実際に、タミフル以外のインフルエンザ治療薬でも異常行動を起こすことがあるのと、インフルエンザは高熱の症状が出て熱性せんもうや脳症のリスクが高まることもあり、それらの症状によって結果的に異常行動を引き起こすのではないかという結論になっています。
そのため、現在でもタミフルの使用によるインフルエンザ治療は行われています。
A型にもB型にも有効であり、服用するタイプの治療薬はタミフル以外にないのでやはり医療機関でも多く処方されることがあります。
インフルエンザの感染源は、感染者がくしゃみや咳をしたことによる飛沫感染や接触感染がほとんどです。
感染者がくしゃみをしたり咳をしている同じ空間にいたり、感染者が使用したタオルやドアノブに触ったりすることで感染します。
感染しないようにするためには、やはり手洗いが重要です。
また、室内の湿度をある程度維持したり、十分な休養と栄養バランスの取れた食事をとるように心がけることと、なるべく人混みを避けるのが望ましいでしょう。
仕事や用事でどうしても人混みに行かなければならない場合にはマスクを使用するなどして、感染しないように防ぐようにしましょう。
すでに感染している人も、これ以上感染者を広げないようにするためにも咳が出る場合にはマスクを装着するようにしましょう。

関連記事