タミフルの副作用で血便?

水を飲んでいる女性

タミフルは抗インフルエンザウイルス薬として、過去には異常行動のニュースも取り上げられたほど有名な治療薬で、現在でも多くのインフルエンザ患者に処方されています。
ノイラミニダーゼ阻害薬に分類されており、ウイルスが細胞から離れる際に使用するノイラミニダーゼと呼ばれる酵素を阻害することで、その細胞内に閉じ込め、全身にウイルスが広がることを抑制することで、症状の緩和および回復を早める効果があります。
発熱などの症状が現れてから48時間以内の服用で効果が発揮されますが、それ以降の服用では大きな効果は期待できないというメリットも存在します。
そのため、インフルエンザの治療は症状が出てからすぐに医療機関で診断してもらい、タミフルを処方してもらう必要があります。
タミフルには異常行動といった副作用がありますが、それ以外には頭痛やめまい、腹痛や下痢といった症状が報告されており、これらが軽度であれば、処方された分の薬を飲みきることが推奨されています。
しかし、発生頻度は不明ながら、腹痛や下痢と一緒に出血性大腸炎が起こることが報告されており、もし血便が出た場合は、服用を中止してかかりつけの医師に相談する必要があります。
この場合は医師が症状などから判断し、まずは下痢止めや整腸剤を処方し、更に別の抗インフルエンザウイルス薬を処方するかを決めます。
元々インフルエンザは時間が経てば自然治癒で治るものなので、無理にタミフルを服用する必要は無いとされており、副作用が出るようであれば、患者の快復力に期待して放置することも多いようです。
そのため、治療がストップしたからといって慌てる必要はなく、医師の指示通りに安静にしておけば問題はありません。

関連記事