インフルエンザ発症から48時間以上たったらタミフルは効かない

タミフルはインフルエンザに対する特効薬と言われるほど効果的な薬ですが、飲むタイミングを間違えると効果が出ない薬でもあります。
インフルエンザウイルスが体内に侵入すると、まず粘膜を通して細胞内に侵入し、RNAと呼ばれる自分の遺伝子を放出することで遺伝子合成という名の増殖を行います。
増殖したウイルスは細胞内から余所の細胞へと移るために切り離しをしますが、その際にノイラミニダーゼと呼ばれる酵素を使います。
タミフルの成分は、このノイラミニダーゼの働きを阻害する作用があり、結果的にインフルエンザウイルスが他の細胞に移ることを抑えることで、全身に増殖することを止めることができるとされています。
その効果は、発熱などの症状が起こってから48時間以内で、それ以降では既にウイルスが増殖しきった状態であるため、服用しても意味がありません。
タミフルはウイルス駆除ができる薬ではなく、その発生原因を抑えて、症状の緩和、治療期間の短縮が望まれる薬であり、予防から初期症状までの間で処方されます。
発症から3日目では、すでに48時間を超えているので、服用しても効果はなく、病院で医師の診察を受けても解熱剤などの対処療法がとられます。
インフルエンザは現在の所、確実な治療薬が存在せず、タミフルなどの抗インフルエンザウイルス薬が効かない場合は、自然治癒力に頼るほかありません。
基本的には水分を補給する、体力を使わないように睡眠をとるといった自宅での一般療法で、家族や他の人に感染しないように大人しく療養する必要があります。
ただし、いつから発症したかは患者の自己申告であり、細かい時間がわからず判断が難しい場合には、症状の軽減を期待して処方されることもあるようです。

関連記事