インフルエンザウイルスの概要と治療薬・リレンザ

インフルエンザはウイルスとの接触で感染します。
この感染経路として挙げられるのは、気道からの感染です。
インフルエンザは通常のかぜとは異なり、症状が重く特殊な傾向が見られます。
インフルエンザは冬の時期に流行しますが、近年ではインフルエンザも多様化しており、季節を問わずに流行するケースが見られるのです。
そして、毎シーズン流行するインフルエンザにはいくつかのタイプがあり、鳥をはじめとし特定の動物を介して人に感染するケースも頻繁に確認されています。

なぜインフルエンザは流行するの?

インフルエンザが感染拡大する理由としては人を介したケースが代表的です。
特に、飛沫感染は人の口から発せられる飛沫が原因とされ、咳やくしゃみを通じて第三者の軌道にウイルスが進入することで感染が成立します。
咳やくしゃみの中に含まれているウイルスの数は膨大で、この飛沫を吸い込むことでインフルエンザを発症することになるのです。
また、接触によってもウイルスは伝わり、ウイルスに触れた手で口を触ることでウイルスが進入するのです。
この後は一定の潜伏期間を経過して増殖し、インフルエンザの症状が見られるようになります。
他にも、インフルエンザの潜伏期間内でも他人に感染する可能性がある場合があります。
さらに、インフルエンザ感染には空気中のウイルスを経由するケースも知られています。
これは咳やくしゃみなどで空気中に舞った飛沫を吸い込むことで感染するものです。

抗インフルエンザ薬のリレンザ

インフルエンザの薬は体内でのウイルスの活動を阻害することができるものです。
病院で処方される代表的な医薬品として、抗インフルエンザ薬のリレンザが知られています。
リレンザはウイルスの酵素に影響を与え、細胞の活性化を制御することが出来るものです。
このことからからインフルエンザの症状を鎮め、且つ感染拡大を食い止める医薬品とされます。
リレンザは複数回を五日間にわたり継続使用することが求められるものです。
これはインフルエンザに潜伏期間があるためで、ウイルスが体内で弱体化しているときでも吸入器を用いて薬を使用することで、活動状況を弱めることが必要です。
また、この薬は症状があらわれてから二日以内に服用することが必要とされており、ウイルスの活動が活発化していないときに服用することが不可欠です。
そして、この医薬品はウイルス感染を予防する目的でも用いられるものです。
この予防法で重要なのはウイルスの接触後一日から二日以内に服用することで、この潜伏期間内にリレンザを服用することで活動と拡大を弱めることが可能とされます。
また、感染に対する効果を得るためには一定期間薬を継続して服用することも必須とされ、リレンザのウイルス弱体化の効果を発揮させなければなりません。

関連記事